江戸川区こども未来館~江戸川区の小松菜を全国にPR!~





めざせCMプランナー・江戸川の小松菜PR大作戦

小松菜

ボタン ボタン ボタン ボタン ボタン ボタン ボタン


CMプランナーになろう・えど小松菜PR大作戦

クライアント:小松太郎
商品:江戸川区の小松菜



ミッション:江戸川区の小松菜(こまつな)をPRする。そしてブランド力を高めてください。

江戸川区と小松菜:
名前の発祥(はっしょう)の地
小松菜という名前は、八代将軍徳川吉宗(よしむね)が小松川近くに鷹(タカ)狩りにやってきて、神社で昼食に出された菜っ葉の美味しさに感激(かんげき)し、地名の小松川から「小松菜」と名付けたということで江戸川区が名前の発祥(はっしょう)の地となっている。

江戸川区の小松菜の現状(げんじょう):
江戸川区は、小松菜の収穫量(しゅうかくりょう)は日本のトップクラスです。
「東京都農作物生産状況調査」によると江戸川区の小松菜収穫量(23年産)は2,585トンで、東京都全体の小松菜収穫量(8,792トン)の約29パーセントを占めています。東京都内では、1番の収穫量です。
江戸川区内では、小松菜パン、小松菜うどん、小松菜アイスクリームなど様々な小松菜商品を開発するなど、常に日本の小松菜をリードしています。



小松菜を栽培する農家のみなさん、江戸川区ならではのいろいろな小松菜商品


畑 アイス パン パン

又、1960年以降、畑と食卓から姿を消していた江戸野菜(えどやさい)と呼ばれる
伝統野菜(でんとうやさい)・小松菜も、近年この江戸川区で復活し生産がはじまっています。



江戸野菜(えどやさい)とは、主に現在の東京周辺で伝統的に生産されていた野菜
(在来品種・ざいらいひんしゅ)である。東京伝統野菜などとも呼ばれる。(Wikipediaより抜粋)

伝統野菜とはその土地で古くから作られてきたもので、採種(さいしゅ)をくり返していく中で、その土地の気候風土(きこうふうど)にあった野菜として育ってきたもの。地域(ちいき)の食文化(しょくぶんか)とも密接(みっせつ)していました。(農林水産省HPより抜粋)



アイディアの選定基準
江戸川区の小松菜の魅力、良さが伝わっているか?
食=品質の良さが伝わるアプローチとなっているか?

この他のページ


キッズ・コマーシャル アイディアとキャッチコピーを考えよう!!

キッズ・コマーシャル
第七回 江戸川区子ども未来館
めざせCMプランナー
完成発表会!


キッズ・コマーシャル アイディアとキャッチコピーを考えよう!!

キッズ・コマーシャル
第六回 江戸川区子ども未来館
めざせCMプランナー
撮影体験をしよう!


キッズ・コマーシャル アイディアとキャッチコピーを考えよう!!

キッズ・コマーシャル
第五回 江戸川区子ども未来館
めざせCMプランナー
プレゼンをしよう!


キッズ・コマーシャル アイディアとキャッチコピーを考えよう!!

キッズ・コマーシャル
第四回 江戸川区子ども未来館
めざせCMプランナー
音楽を考えよう!企画コンテを仕上げよう!


キッズ・コマーシャル アイディアとキャッチコピーを考えよう!!

キッズ・コマーシャル
第三回 江戸川区子ども未来館
めざせCMプランナー
ストーリーボードを描こう!


キッズ・コマーシャル アイディアとキャッチコピーを考えよう!!

キッズ・コマーシャル
第二回 江戸川区子ども未来館
めざせCMプランナー
アイディアとキャッチコピーを考えよう!!


キッズ・コマーシャル コマーシャルの仕組みとヒミツを知ろう!

キッズ・コマーシャル
第一回 江戸川区子ども未来館
めざせCMプランナー
コマーシャルの仕組みとヒミツを知ろう!


江戸川区こども未来館
~江戸川区の小松菜を全国にPR!~

江戸川区こども未来館
~江戸川区の小松菜を全国にPR!~