スペインの動物園に行ってみよう!





Spain~Valencia

ここバレンシアにある、動物園「BIO PARK」ビオパークは、子供から大人まで大人気のスポットです。
アフリカをテーマにしている動物園で、広大な敷地にはアフリカの大自然が再現されています。
なんと飼育されている動物は、200種類以上。

他の動物園との一番の違いは「檻」が無い事。
動物たちの、のびのびとした表情を間近で感じる事ができます。
動物園というより、歩いてまわれるサファリパークのような雰囲気です。

ベビーカーを押した家族連れも多く、歩道は綺麗に整備されています。
女性が赤ちゃん2人でお散歩に来ている姿も良く見かけますよ。
子供にも動物がよく見えるように、柵の前には、丸太の踏み台も用意されています。
こういった小さなポイントが家族連れには、嬉しいですよね。

のんびり歩いても、3時間もあればまわる事ができます。
動物のショーも、一日に数回あっているので、要チェックです。
ちなみにこの日は、鷹や鷲のショーが見れました。
頭上すれすれを飛んでいく鷹は、すごい迫力!
日によって、ショーの内容も変わるようなので、何度行っても楽しめそうです。

年中無休。
入場料は、大人が23,8ユーロ。子供が18ユーロ(4歳~12歳まで)です。
ちょっと高いかな。と感じますが内容的には、大満足のお値段でした。
また、周年記念で入場料がお得になるキャンペーンや、年間パスポートも販売されているので、ホームページでチェックするのがおすすめですよ。

ホームページはこちら http://www.bioparcvalencia.es/en/


動物園
子供達もおおはしゃぎ。踏み台があって、子どもでも動物達が見えるように考えられています。

水槽
この巨大な水槽も圧巻でした。様々な魚達や、動物が飼育・展示されています。

カバ
水槽に近づいてみると、なんとカバが横切りました。近くでみると、その大きさがよく分かります。

ショー
ショーでは目の前をはりねずみが走って行く。トコトコした走りかたが、とても可愛いです。

ハイエナ
なかなか見る事の出来ないハイエナの肉球もばっちり!

ゾウ
定番のゾウは、このように、岩と緑の間から観察。

ワオキツネザル
長いしっぽが素敵なこの子は、こんなに近くで会う事が出来ました。

ライター紹介
西坂 久実

西坂 久実
熊本県出身。コーヒーを専門に勉強後、カフェなどに勤務。
人生って分からないもので、スペイン人の彼と縁あり結婚。スペインに引っ越してきました。
まだまだ言葉が分からず大変な事も多いですが、持ち前のマイペースのおかげか、なんとかなっています。
コーヒーと猫に目が無いです。
スペインから地元っ子の生活をお届けしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。