稲穂のかみさま・ニニギさん





神社に行くとなんだか気持ちが癒されたり、元気になったりしませんか?神社はその土地土地の気のいい場所、いわゆるパワースポットに建っているといわれています。

神社を参拝することがあれば、是非その神社に祀られている「かみさま」の事を知ってください。きっとその「かみさま」は喜んでくれて、さらに強力なパワーを分け与えてくれるかもしれません。

さて、今回登場する「かみさま」は農業の神様として崇められているニニギさんです。

二ニギさんってどんな「かみさま」なんでしょうか?

本名は、「アメニキシ クニニキシ アマツヒコ ヒコホノ ニニギの命(みこと)」
(天邇岐志 国邇岐志  天津日高 日子番能 邇邇芸)

ホノニニギの「ホ」は稲穂の「穂・ホ」、ニニギは「にぎにぎしい」「にぎやか」という意味で、太陽の恵みを受けて稲穂がたくさん実る神様ということです。

ニニギさんのオバアさんは、かの有名なアマテラスオオミカミ(天照大御神)にあたり、ニニギさんはオバアさんに「地上に降りて国を治めなさい」と任命されました。

その時に天照大御神から「これでみんなのお米をつくりなさい」と稲穂を授かり地上に降臨してきたと昔の人は信じていて、お米は天照大御神からの授かり物と思って米作りをしたそうです。
(いただきますTV)かみさまと一緒2イラスト・マンガ:松成久美子ninigi_susanoo

天孫降臨の場所といわれている高千穂・国見ヶ丘の朝日です。

天孫降臨の場所といわれている高千穂・国見ヶ丘の朝日です。