和楽器Q&A 尺八





尺八の名前は、標準の長さが一尺八寸(54.5cm)であることに由来します。又、どの長さの尺八も7個の竹の節が含まれています。
尺八は息づかいでいろいろな音がでる楽器です。では、動画でその音色をお楽しみください。

尺八では、上端をななめにけずり、息を吹き分けるのには昔は象牙、現代はプラスチックが一部に使われている。この部分を歌口と呼んでいる。指の孔は表に4孔、裏に1孔の5孔で、その開閉と、息の圧力や角度をかえることで、音程や音色に変化をつける。尺八の種類は一尺六寸から二尺三寸まで様々なものがある。

尺八では、上端をななめにけずり、息を吹き分けるのには昔は象牙、現代はプラスチックが一部に使われている。この部分を歌口と呼んでいる。指の孔は表に4孔、裏に1孔の5孔で、その開閉と、息の圧力や角度をかえることで、音程や音色に変化をつける。尺八の種類は一尺六寸から二尺三寸まで様々なものがある。