和楽器Q&A 鼓





鼓の周りの朱色のひもを調べ(しらべ)と呼びます。この調べをぎゅっと強く握ったり、ゆるめたりして音の高さを変えています。ぎゅっと握ると高い音がでます。詳しくは動画で!

鼓(つづみ)
膜鳴楽器の一種。<小>という略称もある。胴(筒とも書く)の中央が細くくびれた締太鼓で、能・狂言をはじめ歌舞伎囃子や民俗芸能などで使わ れる。馬皮を鉄輪に張った革二枚の縁の調穴に、縦調べ(麻紐)を巻いて結ぶ。革の縁から裏にかけては黒漆が塗ってあり、補強と装飾を兼ねる。胴は桜材で太 鼓と異なり、中心に節がなく、たいてい華麗な蒔絵がほどこされている。調べを左手で握って右肩にかつぎ、右手で表革を打つ。音高と音色を調節するために、 左手で調べを締めたり、ゆるめたりして革面の張力を加減し、手指のあたる位置を革表の中央にしたり周辺部にしたりし、また打つ強さや指の本数などを変え て、多様な音色を生み出す。

締太鼓(しめだいこ)
能、歌舞伎の黒御簾音楽、長唄の囃子、民俗芸能の祭囃子や獅子舞などに使う、両面皮で、紐で両皮を胴に締めつける太鼓をいう。ただたんに<太 鼓>ともいい、黒御簾では<付太鼓>。民俗芸能では<調>とも呼ぶ。皮は牛皮を用い金輪に糸で縫いつけられる。皮の中央に は鹿皮の円形の<バチ皮>をつけ、周辺にあけた穴に紐(調べ糸、あるいは調べ紐という)を通して胴に締めつける。胴は桜が良とされる。
tsuzumi