A SEED 一粒萬倍 – ロサンゼルス公演





2017年1月14日、ロサンゼルス公演も大盛況のなか無事終了しました!
皆さん、どうもお疲れさまでした!

<作者のことば>
この舞台は、1988年に渡米して以来、外から日本を見てきたなかで、いつか自分なりの「日本」を表現したいという思いからスタートしました。そして、日本とは何か?その源流とは?を探しているなかで古事記の最初の一文にたどりつきました。

こここでは、男でもない女でもないアメノミナカヌシという神が姿を現し、そしてすぐに姿を隠します。このアメノミナカヌシは宇宙のはじまりのビッグバンだったのではないか? そう想定したとき、稲穂が誕生して五穀豊穣の恵みがもたらされるまでの壮大な物語のなかに、日本の源流をみるヒントを見つけた気がしたのです。「いただきます」に込められた感謝のこころを表現するのに、これ以上ピッタリなものはないのではないか、と。

又、芸能の原点を探っていくと、そこには収穫(恵み)への感謝と祈念があります。そうした感謝のこころを表現するものとしてその地域でお祭りが生まれ、そこから田楽、猿楽、そして能、歌舞伎、日本舞踊へと私たちの芸能は昇華されていったのだと思います。
この舞台では、こうした収穫(恵み)への感謝という芸能の原点に立ち戻り、日本のこころと美しさを国内外の人たちと言葉と文化の壁を越えて共有したいという思いのなかスタートしました。

感謝のこころを表現するにあたり、古来から継承されてきた能や舞、かれらを支える邦楽は外せないと考えました。鼓、琴、笛、和太鼓、どれも心を揺さぶるものがあります。でも、“いまの日本”を見たとき、それがすべてではありません。現代舞踊や、洋楽器。“洋”のエッセンスを取り入れたからこそ、いまの素晴らしい日本の魅力があるのです。

そこで、古典と現代、東洋と西洋を組み合わせて日本の魅力を引き出し、「融合と調和」をテーマに表現しようとしたのが、この舞台「一粒萬倍 A SEED」です。能楽堂に響く洋楽器の音色。和楽器にあわせて妖艶に繰り広げられる洋の舞踊。最高の演者と最高の演奏者が奇跡の共演を果たした舞台でかれらが紡ぎだす悠久の物語を、どうぞ最後までお楽しみください。

作・演出 松浦 靖

協力:Asano Taiko U.S.  Tokyo Arts Council   Japan Foundation Los Angeles

後援:在ロサンゼルス領事館
108A1507 1_th_new_thsusa_IMG_0398_th_new_thuzume_IMG_0050_th_new IMG_1939 buraiuraP1110827 amaterasuP1110826_DSC1499 _DSC1441_staiko108A1204_th_new_th108A1535_th_new_th演奏
鼓・望月左武郎、堅田喜久倫、大熊健次郎、大熊由江、加藤雄太
箏・松山夕貴子
和太鼓・石塚由有、大川真史、本山游平
大鼓・重草由美子
尺八・原郷界山
チェロ・Mei Hotta
キーボード・赤石香喜
ギター・織川ヒロタカ
出演
能楽師・八田達弥(観世流)
日本舞踊・坂東秀十美、中村成美、西川優艶、Sachiyo・K、Jaclyn Hidemi Tomita、
Julia Kiyomi Tani、Shannon Aiko Rose Tsumaki、Noriko
現代舞踊・則枝千絵、武隈梨恵、小嶋雛穂、小嶋桃藍、綿貫奈々、菊池美緒、Kiki D. Amano
Storyteller   Merv Maruyama、Keiko Kawashima
スタッフ
Assoc. Producer・Bob McGinness
衣装・山田百里恵 押元末子 吉成早都子
メイク・Akiko Matsumoto
音響・Nobuteru Omichi   Yasu Takeuchi
English Script・Soji Kashiwagi
================

(2016年10月 能楽堂上演写真)

_mg_8552_samaterasu_mg_8427ooketsu_d8e6330furisode_dsc2265noh_endingi_mg_9070A SEED: ICHI-RYU MANBAI
One Wish Can Change the World

Inspired by Japanese mythology, artists from Japan and the United States will come together to tell the story of the beginning of the universe, and how a single grain of rice grew into millions that sustains all of our lives. Join us for an exciting evening of live taiko drum, contemporary and traditional Japanese dance and kimono, Noh drama, and storytelling in both English and Japanese. East meets West as we celebrate life and the blessings of Mother Earth.

Director’s Statement:
“Our mission is to spread our wish for harmony through our theatrical performance entitled “A Seed: Ichi-ryu Manbai.” Ichi-ryu Manbai means “a single seed can eventually produce millions of grains of rice and a great harvest.” In this way, a single wish can spread amongst millions of people. One day, our wish is that A SEED will grow into millions and pass its spirit on to the next generation.”
–Yasushi Matsuura, Director
“A Seed: Ichi-ryu Manbai”

演目
1. はじめのはじまり
2.稲穂の舞・序の段
3.創世の神々
4.国生み〜イザナギ・イザナミ
5.黄泉の国/黄泉比良坂
6.三貴神の誕生
7. スサノオ
休憩
8.天の岩戸隠れ
9.アメノウズメの舞
10.スサノオとオオケツヒメ・五穀の起源
11.アマテラス・稲穂の誕生
12.一粒萬倍

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存