いただきます絵本づくり〜第一回





2015年4月12日

江戸川区子供未来館にて、半年間の絵本制作ゼミがスタートしました!このゼミでは「いただきます」をテーマにした3つのストーリーを、子供たちが絵本画家として世界に一つだけのオリジナル絵本を完成させます。
今回、使う画材は色鉛筆です。どんな作品ができあがるのか、子供たちの挑戦がスタートしました。

色鉛筆の無限の可能性を話す畑野先生

色鉛筆の無限の可能性を話す畑野先生

この絵本ゼミの講師は、クリエーター・絵本画家の畑野憲一さんです。色鉛筆の無限の可能性を子供たちに指導してくれます。「色鉛筆でこんな表現ができるんだ!?」子供たちからも驚きの声があがっていました。

「キャンディをひとつ」の畑野先生の原画の数々

「キャンディをひとつ」の畑野先生の原画の数々

畑野先生のレクチャーに続いて、グループリーダー講師のイラストレーター・下坂恵世さんがキャラクター作りの楽しさを子供たちに伝えてくれました。

イラストレーター・下坂さんがキャラクター作りの楽しさを紹介

イラストレーター・下坂さんがキャラクター作りの楽しさを紹介

今日のサプライズゲストです!歌手・作詞家・絵本作家のマユミーヌさんが立ち寄ってくれて、畑野先生と一緒に作られた絵本「キャンディをひとつ」の朗読をしてくれました。この絵本をつくることになったストーリーとマユミーヌさんの優しい朗読に子供たちも真剣に聞き入っていました。

マユミーヌさんの朗読は優しさ一杯

マユミーヌさんの朗読は優しさ一杯

畑野先生の原画(キャンディをひとつ)を見ながら、絵本ができるまでの過程の説明です。子供たちからは「どの位の時間がかかるのですか?」「違うページに登場するキャラクターの服の色を同じにするにはどうすればいいのですか?」などの質問もでてきました。みんな真剣です!

畑野先生の原画を真剣に見ている子供たち

畑野先生の原画を真剣に見ている子供たち

CIMG9475s

ゼミの後半は3つのグループに分かれて作業がスタートしました。  各グループにはそれぞれが違う3つのストーリーが用意されています。そのストーリーの挿絵を描いて、お話にいのちを吹き込むのが子供たちの今回のミッションです!IMG_4286s IMG_4285s IMG_4284s

さぁ、どんな作品が完成するのでしょうか!?
乞うご期待です!IMG_4188sレポート:いただきますTV