EAT - 食べ物をいただく

絵

人を良くすると書いて「食」。食はこころと身体の基本です。
今日も笑顔で朝ごはんを食べよう!


食の大切さとはただ単に身体にいいものを食べるだけではなく、そこに込められた感謝の気持ちを大切にすることでもあります。
いまの日本では、年間約6千万トンの食料が輸入される反面、2千万トンの食料が廃棄されています。この廃棄量は世界の食料援助の約3倍の量です。あらためて食の大切さを考えていきましょう。

自給自足の社会へ!
伊勢の神宮では1500年以上も自給自足のなか、毎日、朝夕2度、神々に食事(神饌・しんせん)をお供えするお祭りがなされています。お供えされる料理も器もすべて自給自足です。
現在、私達の食料自給率は40%を下回っています。さらに畜産飼料自給率は25%です。神宮の綿々と続くお祭りの無言のメッセージは「自給自足」ということではないでしょうか。

いただきますレポート EAT VIEW MORE

いただきますレポート EAT

ミサイル、戦闘機、金塊、クルマ、船、高速道路、スマートフォン、すべてに共通しいていることは、どれも食べることはできません。食で自給自足できることがすべての基本です。 現在、F1種、遺伝子組み換え食品、食料自給率など、食をとりまく様々な状況があります。良いとか悪いとかをきめつけるのではなく、食に関する情報を様々な視点から共有できればと思います。

第3回いただきますフォトコンテストVIEW MORE

第3回いただきますフォトコンテスト

「いただきます」の言葉とメッセージを写真展とポスター展示を通して、より多くの人達と共有していきます。

いただきます PHOTO GALLERY

PHOTO GALLERY

様々な視点で撮影された「いただきます」をギャラリーで公開中。 今日も笑顔で「いただきます!」