CULTURE - 文化をいただく

絵

「いただきます」に込められた知恵と文化、日本の伝統を
次の世代に伝えていきましょう!


あらゆる分野で国際化が進み、グローバルな視点が求められている今日、 自国の文化を理解する事によって初めてその道が広がっていくのだと思います。
自国の文化を知ることは、真の国際人になるための第一歩であり、世界中の多種多様な文化を理解し、お互いが尊敬しあえる関係を築くために不可欠なものだと思います。

2013年、和食がユネスコ世界無形文化遺産に登録されました。又、世界ではCool Japanとして様々な日本文化が注目されています。灯台下暗しにならない様、いま一度私たちがこうした素晴らしい文化を知り、次の世代へ継承していきましょう。

いただきます・アート VIEW MORE

いただきます・アート

ホッとひといきつくような、さまざまな作品を紹介します。

ニッポンのこころ VIEW MORE

ニッポンのこころ

自国の伝統文化を伝えなくなった国(民族)は滅びてしまうと言われています。 例えば四国のある田舎が方言を忘れて東京弁を喋りだし、地元の伝統文化を忘れて東京の歴史と伝統だけを伝えるとしたら、その場所は地方であっても、地方ではなくなってしまいます。地方(田舎)があるから日本なのであり、日本中が東京と同じになったら、それはもう日本ではありません。 自然界も様々な種類の動植物が存在する、多様性があることで調和とバランスがとれているのと同じように、私たちの世界も様々な国と民族(伝統と文化)があることで調和が保たれているのだと思います。つまり、私たちが次の世代に私たちの伝統文化を伝えることは、日本が日本であることであり、それが世界の調和につながることだと思います。

書の世界 VIEW MORE

書の世界

平安時代には日本独自の平仮名とカタカナが生まれ、仮名と漢字が調和した 「和様書道」が生まれました。そして書は文字の美しさと精神性を兼ね備えた芸術として今日に至っています。 書の文字を通して、見てくださる方にも「心のままに」なにかを感じてもらえたらと思います。

邦楽の世界 VIEW MORE

邦楽の世界

長い歴史と伝統のなか受け継がれてきた日本伝統音楽・邦楽。 なかなか邦楽に触れる機会が少ないのが現状ですが、まずはそれぞれの楽器の特徴などがとてもわかりやすく説明されている、和楽器Q&Aで邦楽のいろはを知ってみませんか?

いただきますレポート CULTURE

いただきますレポート CULTURE

日本の伝統、文化に関連したトピックを紹介します。

ドラマいただきます

ドラマいただきます

「いただきますでしょ、ご飯の前には!」
3度の食事ができるのが当たり前の今日の日本。当たり前になった今だからこそ忘れてはいけない感謝の気持ちをもう一度確認してみませんか。